月間情報-大阪 カイロプラクティック 坐骨神経痛 枚方市の【宝珠堂】

カイロプラクティックオフィス宝珠堂

枚方市 伊加賀北町5-13川島第20ビル204
カイロプラクティック オフィス 宝珠堂
TEL :
072-846-7030
お問い合わせ
ご案内
オフィス紹介
お困りの方に
施術案内
月間情報
院長のアジャスト日記
院長プロフィール
ご予約
トップページ

月間情報

2018年7月号

 
 梅雨明けまではまだもう少し待たなければいけない候、日増しに暑気がつのっておりますが、皆様体調は大丈夫でしょうか?
 先月は私達のところで大きな地震があり、患者様の中にも被災された方がおられたようですし、他にお亡くなりになられた方や怪我をされた方も多くおられました。亡くなられた方につきましては、この場でご冥福をお祈り申し上げたいと思います。怪我をされた方、家屋が被害にあわれた方につきましては、一刻も早い回復を願っております。私の実家は枚方市の御殿山駅付近なんですが、今回の地震でうちも外塀が倒壊してしまいました(写真)。家の中は全く倒れた物や壊れた物など何もないし、近隣のブロック塀などもどこも何ともないようなのに、うちの塀だけ倒れてしまいました。よっぽど揺れの方角と塀の重さとかの要素が重なってのことなのだろうなとしか考えられませんが、横の道はそこそこ人通りも多いし、丁度通学時刻だったにも係わらず、どなたにも被害が及ばなかったのは不幸中の幸いと言ってもいいでしょうね。実は私は阪神大震災と今回の地震の間にもう一つ大きな地震に遭っております。十数年前の博多湾の地震です。その時も今回も偶然私はトイレで便座に座ってました。震度は今回が6弱でその時は確か5強だったと思うのですが、揺れや被害は博多の時の方がはるかに大きく感じましたね。セミナー会場にいたのですが、建物ごと5メートルくらい横に揺さぶられた様な感じでしたし、前日に行ったお店や泊まったホテル周辺のビルの窓ガラスが全部割れて落ちてましたね。その時も今回も思い知らされたのがその後の交通麻痺です。都市型の地震の場合、ある意味こちらの方がやっかいかもしれませんね。皆様も呉々も防災対策お備え下さい。

                                     7月号担当 樋口 行広

お知らせ

 
  ○お盆休みついて

 少し早いですが、お盆休みをお知らせしておきます。

     8/14(火)〜16(木)

 「山の日」という祝日ができたせいで、お盆近辺の休みがややこしくなってしまいますが、今年は週の真ん中だけお休みにして、13日(月)、17日(金)、18日(土)は施術日にしたいと思います。たぶんそれらの日は空いてますので、是非狙ってお越し下さい

○7月・8月の『GoGo割引デー』について


 毎月5の付く日(5日、15日、25日)を割引デーとして施術料を500円割引とさせて頂きます。チケットなら500円券の進呈となります。
 但し、今まで通り、適応は通常のカイロプラクティック施術のみです。(マッサージ代金等との差し引きはできません)また、既に何らかの割引を受けておられる方は対象外となります。
 7月は25日(水)、8月は25日(土)となりますが、7月、8月とも2回休日と重なりますので特別に7月10日(火)、8月10日(金)も割引デーとさせて頂きます。


○『ドリンクサービスデー』について


 金曜日午前の「ドリンクサービスデー」を今月も実施しております。施術の前か後に、コーヒー、紅茶、オレンジジュースと今月から期間限定で冷たいグリーンティー(又は緑茶)の中からお好きな飲み物をお召し上がり下さい。
 又その他の曜日も奥の待合室で、冷たくて美味しい水をご用意致しておりますのでご利用下さい。

○冷たいおしぼりサービスについて

 今年も暑い季節がやって来ました。。当オフィスでは今月から、冷たいおしぼりのサービスを実施しております。炎天下から来られて、火照った身体を、冷た〜いおしぼりでクールダウンして、落ち着いてから施術をお受け下さい。


宝珠堂のパンフレットより
その1

《膝の痛みをカイロプラクティックの視点からとらえる》

 膝の痛みは、腰痛、肩こりと並んで、整形外科や整骨院あるいはカイロプラクティックオフィスを訪れる方が訴える症状のベスト3です。膝の痛みは、体重の負担、血行不良、栄養不良、過激な運動、老化などの種々な要因により起こる慢性的な関節炎が原因と考えられます。

膝の関節炎とは
 膝の関節で最初に問題の起こる箇所は滑膜です。滑膜は損傷を受けやすく、滑膜が傷つくと関節液が分泌されなくなり、滑膜、関節液、軟骨と連鎖反応的に炎症を起こし、痛みと腫れが続き、最終的には軟骨組織の破壊にまで及び、歩行困難になっていきます。

膝の痛みの予防と治療
○カイロプラクティック治療
 腰椎、骨盤、膝関節の不整列を矯正することにより、患側の膝に負担がかからなくなります。つまり、両足均等に、また足の裏全体にバランス良く体重が分散して立てるような脊椎構造に矯正するのです。また、脊椎矯正により血液循環が改善され、細胞に充分な栄養分を供給できるようになり、滑膜や軟骨の修復を助け、回復を早くすることができます。

○栄養療法
 修復を要する滑膜や軟骨の細胞は、より多くの栄養分や活性物質を必要としますので、タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く含んだ物を摂るように、日常の食事に気を付けることと、栄養補助食品を積極的に取り入れることで、より早期の回復と予防に努めます。

○自己管理 
 一度でも膝を痛めたことのある方は、重い荷物を持たない、体重を減らす、膝を冷やさない、激しい運動はしないなどの自己管理が必要です。膝を軽く動かすだけでも関節液は軟骨に栄養分を供給しやすくなりますので、適度な運動を継続して行うことも大切です。

 慢性の膝関節炎は軟骨が破損されており、少なくとも6ヶ月以上の修復期間を要しますので、痛み腫れがなくなっても安心はできません。特に軟骨に骨棘ができている場合は、炎症を再発しやすいので、組織が完全に再生するまで、継続したケアが必要です。

膝関節炎の早期発見

1.膝にわずかながらでも不快な症状はありますか?
2.足全体が痛んだりしびれたりしたことはありますか?
3.階段の上り下りで膝に痛みや重さを感じますか?
4.5分以上正座することができませんか?
5.雨が降る前に膝が痛んだり不快感があったりしますか?
6.自分はO脚だと思いますか?
7.寒い日や冷房中の室内では膝が冷えて困りますか?
8.標準体重より25%以上肥満していますか?
9.整形外科やカイロプラクティックオフィスで、腰椎分離症または腰椎スベリ症と言われた  ことがありますか?
10..不妊症、インポテンツ、前立腺障害、膀胱障害がありますか?

 もし1つでも「はい」と答えた方は、骨格の歪みやサブラクセイションが原因であなたを苦しめているのかもしれません。膝の痛みがまだ目に見えるほどひどくなっていなくても、上に書かれた症状はすべて膝関節炎がある可能性を示しています。できるだけ早くカイロプラクティックドクターに相談し、原因を取り除きましょう。

 ページの上に戻る
トップページご案内オフィス紹介お困りの方に施術案内月間情報院長の日記院長プロフィールご予約
頭痛・肩こりの施術腰痛・坐骨神経痛の施術
坐骨神経痛腰痛頭痛肩こり膝痛手足のしびれ側彎症顎関節症生理痛股関節症
Copyright(C) 2005 houzyudou. All rights reserved.
本サイトをご覧いただくためには、フラッシュプレーヤー(Flash Player)が必要です。
フラッシュプレーヤーがインストールされていない場合、こちらからダウンロードしてください。(無償ダウンロード)