月間情報-大阪 カイロプラクティック 坐骨神経痛 枚方市の【宝珠堂】

カイロプラクティックオフィス宝珠堂

枚方市 伊加賀北町5-13川島第20ビル204
カイロプラクティック オフィス 宝珠堂
TEL :
072-846-7030
お問い合わせ
ご案内
オフィス紹介
お困りの方に
施術案内
月間情報
院長のアジャスト日記
院長プロフィール
ご予約
トップページ

月間情報

2021年9月号

 
 オリンピックも終わり(パラリンピックはまだやってますが)、高校野球も終わり、そしてかつて経験したことのない未曾有の夏が終わり、なんだかいっぺんに寂しくなりましたね。
 始まる前からなんだかんだと言われておりました東京オリンピック2020ですが、私は大変楽しめましたし、多くの感動をもらえました。やっぱりスポーツっていいなあ、アスリートって素晴らしいなあと心から思いましたし、こんなコロナ禍の中で無事開催できた日本ていう国もすごいなあとも改めて思いました。
 今開催中のパラリンピックも、オリンピックにはない種目があり、こちらもいろいろ楽しみです。中でも車いすラグビーは、初めて見たのですが、びっくりしました!名前こそラグビーと付いてますが、実際には全然違うスポーツで、車いす同士が激しくぶつかり合い、転倒なんかざらなのに最初は目を奪われましたが、何試合か観てるうちにルールが分かり、戦術が分かり、そして男女混合の意味も分かり、奥の深さが分かりめちゃくちゃ好きなスポーツになりました。日本チームは惜しくも銅メダルでしたが、今から3年後のパリが楽しみになりました。
 先日コロナウィルスの感染が今まで言われていた「飛沫感染」より「空気感染」が主だと、専門家の方から発表がありました。欧米では早くから言われていたようですが、日本では今になってようやくですし、まだ政府は発表してません。空気感染するとなると今までの予防策も全く変わってきてしまいます。アクリル板では防げないし、密閉空間がより危険だし、室内でのソーシャルディスタンスもあまり意味がなくなってしまいます。換気と不織布マスク着用が益々大事になってきます。
 緊急事態宣言は12日まで続きますし、また延長の可能性もあります。不自由なご時世ですが、皆様も自分なりのストレス解消法を見つけ出し心身共に健康に過ごせるようにして下さい。

                    9月号 担当 樋口 行広

お知らせ

 
  ○9月・10月の割引デー

 毎月「0」の付く日は割引デーと致します。内容は、施術料を500円割引、チケットなら500円券の進呈です。
 但し、適応は通常のカイロプラクティック施術のみです。(マッサージ代金等との差し引きはできません)また、既に何らかの割引を受けておられる方は対象外となります。
 9月は10日(金)のみ、10月は20日(水)、30日(土)となります。
 
○午後診の時間短縮について

 緊急事態宣言が発令されたことやコロナ禍による患者様激減等諸処の事情により、当分の間月・水・金の午後の部を5時30分までとさせて頂きます。皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の上ご了承下さいますよう、お願い致します。


○お願い

 新型コロナウィルスですがデルタ株に置き換わり、大阪でも連日2000人を超える新規感染者が出ており、まだまだ予断を許さない状況が続いていると思います。こんなご時世にも関わらず施術を受けに来て下さる皆様には、本当に感謝致します。もう少し?の辛抱だと思いますので、皆様も健康維持のため、続けて施術を受けに来て下さい!
 引き続き新型コロナウィルス感染防止のため、来院時のマスク着用と手指の消毒、検温等ご協力お願いします。検温の結果37度5分以上の体温の方、また体調の悪い自覚のある方は、来院を控え自宅で療養して下さい。患者様同士の接触をできるだけ避けるためと毎回ベッド等の消毒、タオルの取り替えに時間がかかるため、予約時間の間隔を空けてお取りしております。スタッフ、患者様を含め高齢者が多い施設ですので、皆様ご理解の上ご協力お願い致します。そして安心してお越し下さい。



珠緒先生のちょっと豆知識⑪

アンチエイジングについて……第3回
    
・内蔵を老化させないシリーズその2


 先月の「胃」「大腸」に続きまして今回は「心臓&血管」です。

「心臓&血管」

 心臓は重さ300グラム位、握り拳大で血液を循環させる小型超高性能ポンプです。24時間365日それこそ不眠不休で働いていて、なんと一分間で血液を全身に巡らせてくれるのです。心臓は筋肉の塊なのでもちろん丈夫ですが、やはり加齢によってそのポンプ機能が低下しがちになってきます。その一番の原因は冠状動脈(冠動脈ともいう)の動脈硬化で、循環器系全体の働きがダウンします。
 その動脈硬化とは、動脈壁にコレステロールなどが沈着し、壁の弾力性が衰えてもろくなることで、そのことにより血流を悪くします。進行すると動脈瘤(塊)となり血管が詰まります。それが心臓におきると心筋梗塞・狭心症・心不全という恐ろしい疾患となります。投薬などでなんとか改善?される方もいらっしゃいますが、最終段階としては外科的手術が必要となってきます。
 それではそうならないためにはどうすればいいのでしょうか? 

☆動脈硬化を予防するにはまずは「食事」で
 コレステロール値を下げ血液をサラサラにすることが大事です。

 
 下記の表を参考にしてください。


栄養素など  代表的な食品 コレステロールへの働き 
食物繊維  キャベツ・ブロッコリー
 ゴボウなど
 腸からの吸収を防ぐ
ポリフェノール   茄子・ブルーベリー
 ブドウ・小豆
 酸化に役立つ
 レシチン  豆腐・おから・ゆば  血管壁への付着を防ぐ
不飽和脂肪酸 EPA・DHA  さば、いわし、あじ  血栓の予防


☆次にはやはり「運動」を意識的にする習慣をつけましょう。


 日頃の生活の中で「運動習慣」をつけるというのはなかなか難しいことですよね。動脈硬化の予防の為のおすすめは、なんといってもウォーキングで、目標は1日1万歩です。ちょっと自分の生活態度を見直して、通勤時に一駅手前で下車してみるとか、お買い物の時も足早に歩いたり、少し遠いところまで出かけたり、車やバイクを使わないようにするだけでも歩数は増えると思います。
 また、ウォーキング時に最適は心拍数は180から年齢をひいた数値だといわれております。この数値を目標に心拍数を上げてやると、運動効率があがりカロリーを消費しやすくなります。また平地より階段のほうが三倍も運動量が上がるそうですよ。

 それでは、これらのことをふまえて、体に過度の負担を与えないように気をつけながら、日々努力していきましょう。年末年始は特にバタバタと忙しいので疲れをためないようにしてくださいね。それではまた来月の特集をお楽しみに!(皆様から「こんなの特集してほしい!」などのご希望がございましたら受付にお申し出ください。)  




 
 ページの上に戻る
トップページご案内オフィス紹介お困りの方に施術案内月間情報院長の日記院長プロフィールご予約
頭痛・肩こりの施術腰痛・坐骨神経痛の施術
坐骨神経痛腰痛頭痛肩こり膝痛手足のしびれ側彎症顎関節症生理痛股関節症
Copyright(C) 2005 houzyudou. All rights reserved.
本サイトをご覧いただくためには、フラッシュプレーヤー(Flash Player)が必要です。
フラッシュプレーヤーがインストールされていない場合、こちらからダウンロードしてください。(無償ダウンロード)