月間情報-大阪 カイロプラクティック 坐骨神経痛 枚方市の【宝珠堂】

カイロプラクティックオフィス宝珠堂

枚方市 伊加賀北町5-13川島第20ビル204
カイロプラクティック オフィス 宝珠堂
TEL :
072-846-7030
お問い合わせ
ご案内
オフィス紹介
お困りの方に
施術案内
月間情報
院長のアジャスト日記
院長プロフィール
ご予約
トップページ

月間情報

2020年9月号

 
 9月になりました。秋の到来です。連日台風のニュースも聞かれるようになり、まだまだ猛暑が続いてはおりますが秋を感じずにはいられないですね。
 結局今年の夏はコロナの影響でお盆休みも何処にも出かけられませんでした。外に出れば半端ない暑さですので、私はずっと家でテレビばっかり観てました。録画しておいた映画なんかを見直したりして、それはそれで面白かったですけどね。そうそう、6月にリビングの外にオーニング(庇)を設置したのですが、直射日光が入らなくなったので室内がものすごく涼しくなりました。それだけじゃなく、晴れの日中でも雨の日でもオーニングの下でネコと一緒にコーヒーを飲みながらくつろいだりできるようになり、生活の幅が拡がった感じです。
 夏は何処へも行けませんでしたが、今月の連休に「GO TO キャンペーン」を利用して淡路島に遊びに行くことになりました。なんだかんだと言われているこの「GO TO ……」ですが、普段人気があってなかなか予約が取れなくて、しかも結構な宿泊代のホテルが、連休でもまだ空いてて、リーズナブルな価格になってますので、これは利用すべきだと思います。うちの娘達は今月と来月でまだ2~3回旅行するようですよ。皆様もこの機会に日本経済のためにも「GO TO ……」で企画してみたらいかがでしょうか。近場の宿でのんびりするのもいいかもしれませんね。
 コロナは、第2波は治まりつつあるようですが、寒くなるとまた第3波がやってくると考えられますし、インフルエンザも流行出すでしょうから、まだまだ気を許せない状況が続くと思われます。今(9/1)まだ誰かは決まってませんが新首相のもと、防疫と経済回復に向け、国民みんなで協力していかなければなりません。長い戦いになるかもしれませんが、頑張って乗り切りましょう。

                             9月号 担当 樋口 行広

お知らせ

 
  ○9月・10月の割引デー

 毎月「0」の付く日は割引デーですが、9月は「0」の付く日の休みが多いため、「5」の付く日も割引デーと致します。10月は通常どおり「0」の付く日だけとなります。内容は、施術料を500円割引、チケットなら500円券の進呈です。
 但し、適応は通常のカイロプラクティック施術のみです。(マッサージ代金等との差し引きはできません)また、既に何らかの割引を受けておられる方は対象外となります。
 よって、9月は5日(土)、15日(火)、25日(金)、30日(水)、10月は10日(土)、20日(火)30日(金)となります。 
 
○予約時間間隔について

 「宝珠堂」では長年ずっと10分間隔で皆様の予約をお取りしておりましたが、コロナ禍全盛時期は、30分間隔として参りました。コロナ禍は少し落ち着きましたが、まだ患者様の数は前年の7割くらいです。そして、毎回の消毒やタオル等の交換に時間がかかりますので、しばらくの間はご予約は15分間隔とした上で、できるだけ患者様同士が出会わないように配慮したいと思います。ご希望の時刻ピッタリには予約をお取りできないかもしれませんが、何卒ご理解の上ご協力下さい。

○お願い

 少し涼しくくなりましたが、引き続きマスクの着用と手指の消毒にご協力下さい。宜しくお願い致します。



昔の院長ブログより

肉離れ・足の攣り  2011.8.25

あれだけうるさかったセミの鳴き声が聞こえなくなり、それに気づいた時、フッと寂しさを感じる晩夏です。
私にとって今年の夏はゴルフ三昧の夏になりました。
海の・・・特に船釣りの状況が全く悪く、釣りに行けなかったせいもあるんですけどね。
8月だけで5回ゴルフに行きましたが、昨日で一応今月はおしまいで、次の予定は来月の中頃ですので、
久しぶりにゴルフバッグ
(キャディバッグじゃなくて、ボストンの方)も自分の部屋に持って行って、
所定の場所にしまいました。
(もう5年くらいゴルフはやってませんR2)
ゴルフは好調ですが、本業はもう一つですねえ。
初診の方はポツポツとは来て下さるんですが、暑すぎて外に出たくない方が多いのでしょうかねえ。
まあ、
(今月からは)頑張らないと・・・(大変なことになってしまう!!)

一昨日の阪神vs巨人戦で双方の外国人選手が足を痛めて途中退場し、昨日登録抹消になりました。
阪神のブラゼル選手は太股の裏、巨人のゴンザレス選手はふくらはぎのいずれも肉離れだそうです。
これは、ここ最近ウチの患者様によく言ってる、夏特有の症状から来るものだと私は思います。
水分代謝がうまく行かないために、筋肉が硬くなっていて、その時にその部分に無理がかかったために
肉離れを起こしたのだと考えられます。
つい先日、ウチにも肉離れを起こした方がこられましたし、私も昨日の夜(まだ寝る前)、体勢を変えようとしただけで、太股の裏が強烈に攣りました。
前にも書きましたが、ふくらはぎの攣りは簡単に治まりますが、大腿部のはなかなか治りませんし、痛さも我慢できないくらい強烈ですからね。
これもたぶん、昼間のゴルフでの汗のかきすぎ、水分補給のアンバランスが原因と考えられます。
まだまだ暑さは続くと思いますので、皆さんも注意して下さいね。
逆にしがちですが、暑いときにきちんと水分を取り、その後
(夜寝る前等)の取りすぎに注意しましょう。

カイロプラクティックセミナー・哲学・科学・芸術  2011.7.11

(前略)カイロプラクティックには、哲学、科学、芸術という3本柱があります。
カイロプラクティックの矯正のことをアジャストというのですが、そのアジャストの技術が芸術といわれる
(くらい成熟して素晴らしい)ものでなくてはならないわけです。
科学は、科学的な裏付けのある分析
(レントゲンやコンピューターによるもの等)のことでありますし、哲学は、イネイトインテリジェンス(先天的知能・自然治癒力)の考えを中心とした、カイロプラクティックの原理原則の理念のことです。
私のセミナーでは、アジャストのテクニックだけではなく、特にこの3本柱を重視した講義
(学科)を行っております。
新しくカイロプラクティックを勉強していこうという者にはもちろん、この3本柱の重要性を理解させていかなければならないのですが、本当は患者様にもちゃんと
(この3本柱を中心とした)カイロプラクティックのことを説明しないといけないのですが、なかなか難しいところはありますねえ。
ちょっとでも興味を示して下さるのなら、私はいくらでも時間をかけてしゃべるのですが・・・
私もカイロプラクティックに携わるようになって、もう30年目になります。
開業してからも23年目、セミナーを始めてからも15年以上が経ちました。
思えば長くやって来たものですよねえ。
昨日のセミナーでも言ってたのですが、カイロプラクティックのアジャストは患者様にはとっても効果的ですが、ドクターの身体には少なからず無理をかけます。
ウチの先代もドクターピアースも60才そこそこで心筋梗塞で急死しております。
私もあと10年足らずでその年齢に達してしまいます。
今はまだ子供2人とも学生をしておりますので、せっせと働かなければいけませんが、60才になるまでにはリタイヤしたい
(できれば後進に譲るか、講師として収入を得、後は悠々自適・・・)と思っております。(61になった今も続けております。講師の比重は少し増えたかなR2)
でも、それもどうでしょうかねえ・・・・
我々のような仕事には定年がありませんので、案外ダラダラと
(それこそ死ぬまで)続けてしまうのかもしれませんね。(年金も少ないし身体が動く間は辞められないでしょうねR2)  


 
 ページの上に戻る
トップページご案内オフィス紹介お困りの方に施術案内月間情報院長の日記院長プロフィールご予約
頭痛・肩こりの施術腰痛・坐骨神経痛の施術
坐骨神経痛腰痛頭痛肩こり膝痛手足のしびれ側彎症顎関節症生理痛股関節症
Copyright(C) 2005 houzyudou. All rights reserved.
本サイトをご覧いただくためには、フラッシュプレーヤー(Flash Player)が必要です。
フラッシュプレーヤーがインストールされていない場合、こちらからダウンロードしてください。(無償ダウンロード)