月間情報-大阪 カイロプラクティック 坐骨神経痛 枚方市の【宝珠堂】

カイロプラクティックオフィス宝珠堂

枚方市 伊加賀北町5-13川島第20ビル204
カイロプラクティック オフィス 宝珠堂
TEL :
072-846-7030
お問い合わせ
ご案内
オフィス紹介
お困りの方に
施術案内
月間情報
院長のアジャスト日記
院長プロフィール
ご予約
トップページ

月間情報

2020年5月号

 
   今日(8日)の時点で大阪府の新規感染者数も一桁になり、日本全体でも100人を切り、新規感染者数のグラフもピークを越え、やっと先が見えてきたように思います。
 今年の大型連休はもうゴールデンウィークとは言わないで、ステイホームウィークでしたが、大阪府民を始め、日本国中の皆さん、良く辛抱して頑張ったんじゃないでしょうか。私達も買い物とテイクアウトの食品を取りに行く以外ほぼ全く外に出ませんでした。
 私のような仕事のものは、患者様との濃厚接触は必須ですので、特に感染には気を使わなくてはなりません。絶対うつってもいけないし、絶対うつしてもいけないし、また患者様同士での感染も防がなければいけません。その為に下に書いたような対策はやっておりますが、正直怖いところはあります。かといって患者様が来られないと死活問題にもなりますので、毎日施術所にはきちんと来ております。
 暗い話はここまでにして、3月の土筆、4月の筍、5月のえんどう豆、そら豆と私の大好物の食材が大量に食べられる嬉しい季節です。土筆は私がある堤防で1人で何回も摘みに行って2週間くらい毎日食べ続けましたし、筍は2軒の竹山持ちの方から2回ずつと別の方から1回大量に戴いて大量に食べました。えんどう豆とそら豆はうちの畑で先日から収穫できており、毎日朝昼晩食べてます。今月末にはタマネギとジャガイモの収穫があります。植物はコロナに関係ないので、食べる物には苦労しないで済みます。
 6月半ばの田植えが終わるまで、そんなんで日曜日はちょっと忙しくなりますが、運動不足の身体にはいいと思います。でも、早く本業で忙しい日が来て欲しいです。
 皆様も呉々もウィルスには気を付けて、ストレスにも負けないようにお過ごし下さい。

                             5月号 担当 樋口 行広

お知らせ

 
  ○コロナに負けるなキャンペーン!!

 先月に引き続き、今年最初のキャンペーンは「コロナに負けるなキャンペーン」と題して、施術を受ければ受ける程お得になる企画を用意しました。内容は、5月中に2回来院されれば2回目は500円券、3回来院で3回目は1000円券、4回以上来院で4回目以後は半額券を進呈致します。
 不要不急の外出は控えるように言われてますが、医療機関は有要有急ですから、自然治癒力・免疫力を高める効果も望めるカイロプラクティック治療をこの際により多くお受け下さい。


○5月・6月の令和割引デー


 元号が「令和」と変わったのを期に、「0」の付く日を割引デーとさせて頂きます。内容はこれまでと同じで施術料を500円割引、チケットなら500円券の進呈です。
 但し、今まで通り、適応は通常のカイロプラクティック施術のみです。(マッサージ代金等との差し引きはできません)また、既に何らかの割引を受けておられる方は対象外となります。
 よって5月は20日(水)のみ、6月は10日(水)、20日(土)、30日(火)となります。

○コロナ対策について

 当院では今回のコロナウィルス感染予防として、術者の手指はもちろん治療用のベッドやイス、ドアノブの毎回消毒の強化やタオル、治療衣、フェイスペーパーも全て患者様お一人ずつで取り替えております。また、患者様同士が当オフィス内で極力出会わないように、予約も間隔を空けてお取りしております。患者様に対してはマスク着用と施術前後の手指の消毒をお願いします。以上のように万全の体制で行っておりますので、どうか安心して施術をお受け下さい。



◎昔の院長ブログより②

 坐骨神経痛・脊椎分離症すべり症      1月28日

カイロプラクティックの脊椎矯正では、いろんな症候に対処することができます。
その中でも特にカイロプラクティックが適している症候をこれからいくつか紹介したいと思います。


まずは、ウチのオフィスの一番得意とするところの坐骨神経痛です。
このホームページではあえてクローズアップはしおりませんが、オフィシャルホームページでは、メインとして扱っております。
詳しいことはまた追々書かせていただきますが、坐骨神経を圧迫しているであろう腰椎の椎間孔はもちろん、坐骨神経そのものに働く張力、まわりの筋肉、骨盤の状態等、広くに目を配ることにより、当オフィスでは近年高い治癒率を誇っております。
もちろん詳しい施術法は企業秘密です。
(^o^)
先日も痛くて全く立てなくて、車いすで来られた方が、1回の施術ですっと立てるようになり、4回の施術でご本人曰く「痛みがゼロ」になりました。
去年は車いすで来られた方が2人おられましたが、おふたりともほぼ同じように、1~2回で車いすはいらなくなり、4~5回で普通の生活に戻ることができました。
まあ、車いすで来られるような例はそんなにはありませんが、どこに行っても良くならなかった方が、数回の施術で嘘のように良くなったという例はいくつもあります。
これは私の長年の研究と努力のせいです!
(^o^)
施術法というより、
(ドクターの)考え方の問題が多いと思います。
どこを攻めるかということでしょうね。

脊椎すべり症・腰椎すべり症を次にあげたのは、昨日ある患者様が「すべり症は治らないから・・・」
とおっしゃってたのを聞いたからです。
腰痛患者の中の10人に1人は、分離症・すべり症を持っていると言われております。
実は私もすべり症ですが、今は全く何の症状もありません。
すべり症は、脊椎・腰椎が分離してすべっているということ自体は元には戻らないけど、決して症状が取れないということではありません。
分離症・すべり症のことも詳しくはまた別の機会に書きますが、私が習った頃は分離症・すべり症の90%以上は先天的なものと言われておりました。
その後の研究で少しニュアンスは変わってきているようですが、生まれつきではないものの、ほとんどが脊椎が完全に形成される
(成長期)までに起こると考えていいようです。
ですから、分離症・すべり症が直接の原因で腰痛になるのなら、幼児期からずっと腰痛があったかというと全くそのようなことはないはずですので、逆に腰痛を起こす前の状態に戻せば、腰痛は治まるということになりますよね。
分離症・すべり症を持っている者は、その周りの筋肉が他の人よりよく発達するので、若い時期は人より運動ができたりするとも言われております。
ですから、スポーツ選手なんかにも案外多いのかもしれませんね。
ただ、若い頃はいいのですが、筋肉が衰える頃の年齢になると、いろいろと問題が起きやすくなってくるのです。
脊椎の関節部分が分離してすべっている状態なので、たしかに他の人より腰は弱いといえますが、ちゃんとケアさえすれば、全く症状を出さずに過ごすことができます。
実際にウチのオフィスでは、もう何十年も症状はないけど、チェックと微調整にと月に一回来られている分離症・すべり症の方が何十人もおられます。
ウチのオフィスに限っては、患者様の10人に1人どころか、5~6人に1人くらいの割合で分離症・すべり症の方がおられると思います。
そのほとんどが、何も症状がないか、時々無理をしたときに痛くなるくらいという方です。
ですから、分離症・すべり症は症状は治らないことは決してありません。
皆さん誤解のないようにお願いします。
 ページの上に戻る
トップページご案内オフィス紹介お困りの方に施術案内月間情報院長の日記院長プロフィールご予約
頭痛・肩こりの施術腰痛・坐骨神経痛の施術
坐骨神経痛腰痛頭痛肩こり膝痛手足のしびれ側彎症顎関節症生理痛股関節症
Copyright(C) 2005 houzyudou. All rights reserved.
本サイトをご覧いただくためには、フラッシュプレーヤー(Flash Player)が必要です。
フラッシュプレーヤーがインストールされていない場合、こちらからダウンロードしてください。(無償ダウンロード)