月間情報-大阪 カイロプラクティック 坐骨神経痛 枚方市の【宝珠堂】

カイロプラクティックオフィス宝珠堂

枚方市 伊加賀北町5-13川島第20ビル204
カイロプラクティック オフィス 宝珠堂
TEL :
072-846-7030
お問い合わせ
ご案内
オフィス紹介
お困りの方に
施術案内
月間情報
院長のアジャスト日記
院長プロフィール
ご予約
トップページ

月間情報

2018年8月号

 
 地震と大雨に加え連日のこの猛烈な暑さに、被災に遭われた方、また皆様の健康の身を案じております。地球の異常現象に将来の不安も感じます。これからは思いもしない様々な現象に対応して行かなければいけないのかもしれないですね。
 我が家にも夏休み中の小中学生、毎日暑い暑いと“だらだら星人”がおります。私はと言うと朝から大汗をかきながら家事をばぁっと済ませ仕事に、午後はバレーボールの練習やトレーニングしたり、ランニングに行ったり、帰って来たら座る暇もなく夕飯の準備と片づけをして、夜は早々にバタッと倒れています。子供はクーラーの効いた部屋で夜更かしをしてテレビを見たり両極端で、ふと「私だけ何でこんな生活をしているのだろう」と思う事もあります。そんな時、先日主人が買ってくれた高音質のスピーカーで、音楽をかけて聞くと、身に染みて癒されたり、また働く原動力をもらったりして復活しています。うちの“だらだら星人”にも流行の音楽をかけて働かせ動かすようにしています。改めて音楽はいいなと思うこの頃です。この暑さで身体が弱っている分、音楽が染みたり、夏野菜がとにかく美味しいと感じたりして、歳かなと思ったりしますが、みなさんは何で心に染みたりしていますか?この暑さに負けず、水分と栄養をしっかり摂って健康な身体を作り、クーラーの部屋ばかりで過ごさない様メリハリのある夏の日々をお過ごし下さい。
                                     8月号担当 杉浦 春香

お知らせ

 
  ○お盆休みついて

 お盆休みをお知らせしておきます。

     8/14(火)〜16(木)

 「山の日」という祝日ができたせいで、お盆近辺の休みが飛び飛びになってしまいますが、13日(月)、17日(金)、18日(土)は施術日とします。たぶんそれらの日はかえって空いてますので、是非狙ってお越し下さい。

○8月・9月の『GoGo割引デー』について


 毎月5の付く日(5日、15日、25日)を割引デーとして施術料を500円割引とさせて頂きます。チケットなら500円券の進呈となります。
 但し、今まで通り、適応は通常のカイロプラクティック施術のみです。(マッサージ代金等との差し引きはできません)また、既に何らかの割引を受けておられる方は対象外となります。
 8月は25日(土)、9月は5日(水)、15日(土)、25日(火)となりますが、8月は2回休日と重なりますので特別に8月10日(金)も割引デーとさせて頂きます。

○『ドリンクサービスデー』について


 金曜日午前の「ドリンクサービスデー」を今月も実施しております。施術の前か後に、コーヒー、紅茶、オレンジジュースと今月から期間限定で冷たいグリーンティー(又は緑茶)の中からお好きな飲み物をお召し上がり下さい。
 又その他の曜日も奥の待合室で、冷たくて美味しい水をご用意致しておりますのでご利用下さい。

○冷たいおしぼりサービスについて

 今年は特に暑い日が続いておりますね。当オフィスでは今月も、冷たいおしぼりのサービスを実施しております。炎天下から来られて、火照った身体を、冷た〜いおしぼりでクールダウンして、落ち着いてから施術をお受け下さい。



珠緒先生のちょっと豆知識G再

 熱中症について・・・緊急レポート

 8月に入っても猛暑が続いており、このところ連日のように、熱中症の患者さんの話題がニュースで報道されています。「私は屋外でスポーツなんかしないから関係ないわ」と思ってる方はいらっしゃいませんか?熱中症は室内でも充分起こりえます。実際に、就寝中に亡くなられた方もおられますので、くれぐれも油断しないようにしてくださいね。特に順応力の低い年配の方やお子様はより注意が必要です。

◎熱中症とは・・・

 高温環境下で、体内の水分・塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして発症する傷害の総称です。実際にどのような症状が現れるのかは、下図を参考にして
ください。

 分類 症状 
     軽度

(現場での応急処置で対応できる)
めまい・失神
 たちくらみという状態で、脳への血流が瞬間的に不充分になったことを示し、熱失神とも言います
筋肉痛・筋肉の硬直
 こむら返りのことで、その部分の痛みを伴います。発汗に伴う塩分の欠乏によりおこり、熱痙攣とも言います
大量の発汗 
     中度

(病院への搬送を必要とする)
頭痛・不快感・吐き気・嘔吐・倦怠感・脱力感
 体がぐったりする、力が入らないなどがあり熱疲労や熱疲弊と言います 
     重度

(入院して集中治療を必要とする)
意識障害・痙攣・手足の運動障害
 呼びかけや刺激への反応がおかしい、体にガクガクと引きつけがある、まっすぐ歩けない・走れないなど
高体温
 体に触ると熱いという感触です。熱射病や重度の日射病と言います 


◎日常生活での注意事項


 熱中症は生命にかかわる病気ですが、予防法を知っていれば防ぐことができます。

@暑さを避ける
   クーラー、扇風機などを上手に利用する
   カーテンやすだれを利用し、帽子や日傘を利用する
   日陰を選んで歩く、朝打ち水をする

A服装を工夫する
   吸汗・速乾素材や軽・涼スーツの活用、黒色系の素材は避ける

Bこまめに水分補給をする
   のどが渇く前又は暑いところに出る前の水分補給
   アルコールでの補給は×

C天気予報をしっかり見て、急に暑くなる日に注意する
   人間の身体は暑さに慣れるのに時間がかかる
   急な暑さには対応できにくい

D暑さに備えた体力作りをする
   暑熱順化は日常運動することでも可能
   日頃から汗をかく習慣をつけましょう

E集団活動の場ではお互いに配慮する
   休憩場所の確保、監督者の配置、計画的な休憩、
   体調不良の申告

 以上の事を頭にいれて日常生活をしていれば、特に恐がる必要もありません。夏にしかできない楽しい事もたくさんありますので、気を付けながらも充分エンジョイしましょう
 ページの上に戻る
トップページご案内オフィス紹介お困りの方に施術案内月間情報院長の日記院長プロフィールご予約
頭痛・肩こりの施術腰痛・坐骨神経痛の施術
坐骨神経痛腰痛頭痛肩こり膝痛手足のしびれ側彎症顎関節症生理痛股関節症
Copyright(C) 2005 houzyudou. All rights reserved.
本サイトをご覧いただくためには、フラッシュプレーヤー(Flash Player)が必要です。
フラッシュプレーヤーがインストールされていない場合、こちらからダウンロードしてください。(無償ダウンロード)